ウズベキスタン・日本学生学術フォーラム 2010 of uzbek_jap2010

uzbek.jpg

企画書

2010年9月1日現在

1. 趣旨

 名古屋大学は、本年3月、文部科学省国際化拠点整備事業(グローバル30)の一環として、タシケントに「名古屋大学ウズベキスタン事務所」を開所いたしました。本事務所は、海外大学共同利用事務所として、ウズベキスタンと日本との留学生交流活動を促進することを目的に、留学説明会の実施、留学希望者に対する日本の大学情報の提供、ウズベキスタンにおける高等教育事情の情報収集等、本学のみならず広く日本国内の大学のウズベキスタンにおける留学生関係活動に貢献いたします。

 名古屋大学ウズベキスタン事務所開所を記念して、本学ウズベキスタン留学生より、「ウズベキスタン・日本学生学術フォーラム」を名古屋大学で開催したいとの提案がありました。名古屋大学は、全国の大学で最も多くのウズベキスタン留学生が在籍する大学であり、本企画は、ウズベキスタンに関心のある研究者・企業・市民等が一同に会し、ネットワークを形成する絶好の機会であると考え、下記の目的で本会を開催したいと思います。

  1. 在日ウズベキスタン留学生が名古屋に集い、相互の交流を深める。
  2. 様々な学問分野において、意見交換を行う。
  3. 各機関によるウズベキスタンにおける活動を紹介し、ネットワークを形成する。
  4. ウズベキスタンの文化および伝統を普及する。

 本年は、名古屋大学大学院法学研究科がタシケント国立法科大学、世界経済外交大学、サマルカンド国立大学法学部と学術交流協定を締結して10周年、また、タシケント国立法科大学内に設立した日本法教育研究センターを設立して5周年の記念の年であります。このような記念の年に、本会を開催し、ウズベキスタン留学生、ウズベキスタンと関係の深い各機関の交流の場となることを期待いたします。

2. 日程

日時:2010年9月23日(木)、24日(金)

3. 会場

(1日目) 名古屋大学野依記念学術交流館
(2日目) 留学生センター、法政国際教育協力研究センター(CALE)、法学部ゼミ棟

4. プログラム(案)

<第1日目>全体会合

各地よりバスで名古屋へ移動

14:00-15:00  開会式
15:00-17:15  各機関によるウズベキスタンにおける活動紹介
         ウズベキスタン留学生所属各大学、企業、団体等
18:00-20:00  レセプションパーティ(参加費:3000円)

<第2日目>研究分科会

09:00-12:00  研究分科会(法律、経済、言語・文化、工学、医学)
12:00-13:00  昼食
13:00-14:30  全体会議・閉会式
15:00-18:00  名古屋市内見学(留学生向け)

5. 主催者

主催:名古屋大学ウズベキスタン留学生会、駐日ウズベキスタン共和国大使館
   名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)

6. 言語

日本語・ウズベク語

7. 連絡先

名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)担当:牧野
TEL:052-789-4263/ 2325 FAX:052-789-4902
E-mail:cale-jimu@law.nagoya-u.ac.jp


申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、事務局へe-mailかFAXにて送付して下さい。

申込書ダウンロード LinkIconWord版LinkIconPDF版
ポスターダウンロードLinkIconPDF版