.

国内外の専門家を招聘して、アジアの法と社会を学ぶことの意味、
フィールドワークの方法論と研究史、法整備支援をめぐる理論動向、
法曹実務家がアジア法整備支援に関わることの意義などについて、
集中講義を行います。

【対 象】学部生・大学院生(法科大学院生含む)・社会人
     ※学生の場合には所属の大学を問いません【参加費】無料
     ※懇親会費は別途頂戴いたします

10:00~10:30
開講式
開会挨拶
定形衛(名古屋大学大学院法学研究科長)
趣旨説明
大河内美紀(名古屋大学法政国際教育協力研究センター、教授
第1部 アジアの法と社会への誘い
10:30~12:00
基調講演(90分)
鮎京正訓(名古屋大学副総長)
12:00~13:15
昼休み(75分)
13:15~14:45
「法律実務家とアジア(1)」(90分)
辻 保彦(法務省法務総合研究所国際協力部、教官・検事)
14:45~15:00
休憩(15分)
15:00~16:30
「法律実務家とアジア(2)」(90分)
川崎里実(日本弁護士連合会・国際交流委員会幹事、弁護士)
16:30~16:45
休憩(15分)
16:45~18:15
「学生討論:11月シンポについて」(90分)
18:30~20:30
懇親会

第2部 アジアの法と社会を学ぶための研究方法
09:15~10:45
「法整備支援におけるフィールドワークの意義」(90分)
楜澤能生(早稲田大学比較法研究所長、教授)
10:45~11:00
休憩(15分)
11:00~12:00
「インドの法と社会」(60分)
伊藤弘子(名古屋大学大学院法学研究科、特任准教授)
12:00~13:00
「東南アジアのイスラーム法」(60分)
桑原尚子(高知短期大学、教授)
13:00~14:15
昼休み(75分)
第3部 ”Reforming Law and Legal Education in the Context of Legal Assistance in Asia"(英語セッション)
14:15~15:45
“Reforming Knowledge? The Global Turn of Legal Education in Asia”(90分)
Isabelle GIRAUDOU(名古屋大学大学院法学研究科、特任准教授)
15:45~16:00
休憩(15分)
16:00~17:30
“Formation of an ASEAN Regional Community and
  the Agenda for Legal Reforms in Southeast Asian countries” (90分)
Teilee KUONG(名古屋大学法政国際教育協力研究センター、准教授)

第4部 法整備支援に携わるためのキャリアパス
09:30~10:15
佐藤直史(JICA国際協力専門員、弁護士)
10:15~11:00
岡英男(JICAモンゴル調停制度強化プロジェクト長期専門家、弁護士)
11:00~11:30
質疑応答
11:30~12:00
名古屋大学・博士課程教育リーディングプログラム「法制度設計・国際的制度移植専門家の養成」に関する案内(30分)
小野 耕二(名古屋大学大学院法学研究科、教授)
12:00~13:15
昼休み(75分)
第5部 グローバル化するアジアの法と社会
13:15~14:45
「グローバル化するアジアの法と社会」(90分)
松尾弘(慶應義塾大学大学院法務研究科、教授)
14:45~15:00
休憩(15分)
第6部 全体討論
15:00~16:30
コーディネーター:佐藤直史(JICA国際協力専門員、弁護士)
16:30~16:45
閉講式
閉会挨拶
市橋克哉(名古屋大学副総長・法政国際教育協力研究センター長・教授)

開催場所(会場) 「名古屋大学文系総合館 7F カンファレンスホール」

※上記のプログラムは7月26日現在のものです。
  随時更新しますので、最新情報はCALEホームページにてご確認ください。

※参加申込は7月1日(月)から受付を開始します。

※大学周辺のホテルリスト
名古屋大学の周辺にはホテルがありませんが、大学まで比較的アクセスが良くて、価格も手頃なホテルをまとめましたので、ご参照下さい。
LinkIcon詳しくはこちら

連携企画「アジアのための国際協力 in 法分野2013」事務局
名古屋大学 法政国際教育協力研究センター(CALE)
LinkIconhttp://cale.law.nagoya-u.ac.jp/
LinkIconcale-jimu@law.nagoya-u.ac.jp
TEL:052-789-2325
FAX:052-789-4902