=TOP= of summerschool2011

2011summerschool.jpg


2011ss3.jpg 名古屋大学大学院法学研究科・法政国際教育協力研究センター(CALE)・神戸大学大学院国際協力研究科・慶応義塾大学大学院法務研究科・法務省法務総合研究所では、次世代のアジア諸国法研究者や法整備支援の担い手を育成するための連携企画「パワーアップサマー2011」の一環として、サマースクール「アジアの法と社会2011」を開講致します。2011ss4.jpg

 このサマースクールでは、アジアの法と社会を学ぶことの意味、フィールドワークの方法論と研究史、法整備支援をめぐる理論動向、法曹実務家がアジア法整備支援に関わることの意義などについて、国内外の専門家を招聘して集中講義を行い、参加者が基礎知識や研究方法論を習得するとともに、次世代の若手研究者・実務家が出会い、ネットワークを形成する場となることが期待されます。

日程2011ss2.jpg

  • 2011年8月8日(月)~10日(水)2011ss1.jpg

会場

  • 名古屋大学大学院法学研究科

対象

  • 学部生、大学院生、社会人(学生の場合には、所属大学を問いません)

参加費

  • 無料
  •  (8月8日の懇親会費は2000円。9日のバーベキューは、1000円。)
  •  

申込方法

    申込書に必要事項を記入の上、事務局へe-mailかFAXにて送付して下さい。

    E-mail:LinkIconcale-jimu@law.nagoya-u.ac.jp
    Fax:052-789-4902

※名古屋大学の周辺にはホテルがありませんが、大学まで比較的アクセスが良く、価格も手頃なホテルをまとめましたので、ご参照下さい。詳しくはこちら

.

プログラム

【8月8日(月)】(法学研究科・第三講義室)

10:00~10:30
開講式
来賓挨拶
趣旨説明
10:30~12:00
第1部 アジアの法と社会への誘い(1)
基調講演(60分) 鮎京正訓(名古屋大学大学院法学研究科長)
質疑応答(30分)
昼食(60分)__
13:00~15:00
第1部 アジアの法と社会への誘い(2)
アメリカにおけるアジア法研究(英語による講義) ベロニカ・テイラー(オーストラリア国立大学・教授)
15:15~18:00
第1部 アジアの法と社会への誘い(3)
法曹実務家とアジア(60分) 山下輝年(法務省法務総合研究所国際協力部長)
日本の法システム(60分)  大屋雄裕(名古屋大学大学院法学研究科・准教授)
質疑応答(45分)
18:15~20:00
懇親会

【8月9日(火)】(法学研究科・第二講義室 第三講義室)

09:30~12:15(法学研究科・第三講義室)
第2部 法整備支援の理論
比較行政法学の基礎理論(60分) 市橋克哉(名古屋大学法政国際教育協力研究センター長)
法整備支援の理論と実践(60分) 松尾 弘(慶応義塾大学大学院法務研究科・教授)
質疑応答・討論(45分)
昼食(60分)
13:15~15:15(法学研究科・第三講義室)
第3部 法整備支援に携わるためのキャリアパス
職業としての法整備支援専門家(90分) 佐藤直史(JICA国際協力専門員、弁護士)
田邊正紀(元JICA長期専門家、弁護士)
質疑応答(30分)
15:30~18:00(法学研究科・第三講義室)
第4部 アジアの法と社会を学ぶためのフィールドワーク(1)(インドネシアの法と社会(60分) 島田 弦(名古屋大学大学院国際開発研究科・准教授)
マレーシアの法と社会(60分)  桑原尚子(高知短期大学・教授)
質疑応答(30分)
15:30~18:00(法学研究科・第二講義室)
第4部 アジアの法と社会を学ぶためのフィールドワーク(2)インドの法と社会(60分)  浅野宜之(大阪大谷大学人間社会学部・准教授)
モンゴルの法と社会(60分) 中村真咲(名古屋経済大学・非常勤講師)
質疑応答(30分)
18:00~20:00
バーベキュー

【8月10日(水)】(法学研究科・第三講義室)

09:30~12:00
第5部 グローバル化するアジアと法学の課題(1)
アジアの人権(60分) 稲 正樹(国際基督教大学教養学部・教授)
平和構築とアジア(60分) 四本健二(神戸大学大学院国際協力研究科・教授)
質疑応答(30分)
昼食(60分)
13:00~14:30
第5部 グローバル化するアジアと法学の課題(2)
国際経済法とアジア(60分) 水島朋則(名古屋大学法政国際教育協力研究センター・教授)
質疑応答(30分)
14:45~15:45
第6部 今後の課題
15:45~16:00
閉講式
閉会挨拶

プログラムの詳細は、サマースクール事務局のホームページで公開するほか、申込者には事前にe-mailでお知らせします。

主催

  • 日本学術振興会
    • 若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラ「国際的発信のできるアジア諸国法研究者・アジア法整備支援研究者の育成プログラム」
    • 「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」
  • 名古屋大学総長裁量経費(地域貢献事業)
  • 名古屋大学大学院法学研究科・法政国際教育協力研究センター(CALE)
  • 法務省法務総合研究所

共催

 神戸大学大学院国際協力研究科
 慶応義塾大学大学院法務研究科

後援(予定)

 財団法人 国際民商事法センター
 独立行政法人 国際協力機構(JICA)

予告
サマーシンポ
「私たちの法整備支援2011」

日程
2011年9月2日(金)午後1時から午後6時
会場
法務省法務総合研究所国際協力部
大阪市福島区福島1丁目1-60 大阪中之島合同庁舎(東京と名古屋にもテレビ会議の中継会場を設置)
内容
サマースクールに出席した学生による研究結果の発表、専門家との意見交換
申込方法
サマースクール申込みの際に併せてお申し込みください。

 このシンポジウムは、法務省法務総合研究所が、名古屋大学大学院法学研究科・法政国際教育協力研究センター(CALE)、神戸大学大学院国際協力研究科、慶応義塾大学大学院法務研究科等とともに、次世代の法整備支援の担い手を育成するため、サマースクール「アジアの法と社会2011」の第2弾として開催するものです。

 シンポジウムでは、サマースクール「アジアの法と社会2011」で学んだ学生たちによる研究結果の発表や、第一線で活躍中の研究者や専門家を交えた意見交換を予定しています。

 是非、本シンポジウムにもご参加ください。

 なお、本シンポジウムでは、名古屋(名古屋大学)、東京(慶應義塾大学)ともテレビ会議による中継を行いますので、これらの会場からも参加可能です。多くの皆さんの参加をお待ちしています。