.

ベトナム・クオン前司法大臣ご来訪

 ハー・フン・クオン前ベトナム司法大臣およびディン・チュン・トゥン前ベトナム司法省次官が、1月21日(土)、法政国際教育協力研究センター(CALE)をご訪問されました。
 クオン前大臣のご来学は今回で3回目ですが、前回は、2012年、司法大臣であった当時、ベトナム憲法調査団団長として、ご訪問されました。それを契機として、法律分野での研究・教育の交流を一層推進することを目的として、2013年に同省と本学は連携覚書を締結しました。覚書締結以前より、本学は、同省より多くの留学生を受け入れており、2016年4月には、クオン大臣の後任として、法学研究科修了生のレ・タイン・ロン氏が司法大臣に就任されました。
 今回のベトナム司法省代表団のご来訪は、法務省の招聘によるものであり、1月20日(金)に、同省法務総合研究所国際協力部において開催された第18回法整備支援連絡会「法整備支援の回顧と展望~ベトナム法整備支援プロジェクト開始20年を機に~」にて、クオン前大臣は、ベトナムにおけるこれまでの日本の法整備支援についてご講演されました。
 本学ご訪問時には、松尾総長と懇談し、クオン前大臣は、司法省および同省傘下のハノイ法科大学と本学との長年の交流に対して謝意を表され、松尾総長も、ベトナムは大きく発展している国であり、日本もベトナムとともに学び、世界に挑んでいきたいと話されました。また、本学に茶室「白蓮庵」をご寄贈下さいました株式会社東海メディカルプロダクツの筒井宣政会長、陽子副会長のご協力により、茶道も体験していただきました。

s-IMG_0963.jpg