.

サマースクール「アジアの法と社会2014」を開催しました


 法学研究科および法政国際教育協力研究センターは、8月20日(水)~22日(金)の3日間、法学部棟第2・3講義室において、サマースクール「アジアの法と社会2014」を開催致しました。
 今年度で6度目の開催となり、例年、日本全国から法学部生・大学院生・法科大学院生・社会人を含む、50名を超える参加者が集まっています。3日間のプログラムは、法律実務家と研究者によって、アジア法の理論的考察や法整備支援の現場の様子、アジア法研究や法整備支援の今後の展望等、多様な視点を扱った講義を中心に構成されました。さらに、アジア諸国(ウズベキスタン・モンゴル・ベトナム・カンボジア)の日本法教育研究センターで日本語と日本の法律を学ぶ法学部生との合同セッションも開催され、アジア各国の法律問題・社会問題についてのディスカッションを行いました。参加者は、懇親会においても、アジア諸国の学生との交流を深め、今後アジアと関わる上での、貴重なネットワークを構築する機会となりました。
 本サマースクールは、法務省法務総合研究所、公益財団法人国際民商事法センター、慶應義塾大学大学院法務研究科、神戸大学大学院国際協力研究科、早稲田大学法学学術院・比較法研究所、独立行政法人国際協力機構(JICA)、日本弁護士連合会、アジア法学会と協働で開催している、次世代のアジア諸国法研究者や法整備支援の担い手を育成するための連携企画「アジアのための国際協力in法分野2014」の第2弾として開催され、今後は、11月の「法整備支援シンポジウム」へと続いていきます。

s-講義の様子.jpg
講義の様子

s-アジア諸国の学生とのディスカッションの様子.jpg
アジア諸国の学生とのディスカッションの様子