濵口総長と鮎京理事が、ベトナム司法省からメダルを授与されました


 2015年3月9日(月)、これまでのベトナムの法改革への貢献が讃えられ、濵口道成総長および鮎京正訓理事に対して、ベトナム司法省よりメダルが授与されました。授与式では、ダオ・チ・ウック名古屋大学名誉博士、日本大使館、JICAからの 列席者が見守る中、ファン・チ・ヒエウ司法副大臣よりメダル が手渡されました。
 名古屋大学は、司法省傘下のハノイ法科大学と1999年に学術交流協定を締結し、2007年には同大学内に日本法教育研究センターを設立し、法学教育支援を展開しています。また、1999年に法学研究科に英語コースを開設し、ベトナムの法整備を担う人材をベトナム司法省から留学生として受け入れ、レ・タイン・ロン前司法副大臣、ダン・ホアン・オワイン国際協力局長をはじめとする多くの優秀な修了生を輩出してきました。
 2012年7月、ベトナム憲法改正に先立ち、ハ・フン・クオン司法大臣を含む約20名のベトナム代表団が名古屋大学に訪問、意見交換をしました。ベトナム司法省と名古屋大学のさらなる学術交流を深めるため、2013年3月、学術交流協定を締結し、司法省職員の研修を受け入れるなど、名古屋大学はベトナムの法整備に協力しています。

s-20150309.jpg