CALE外国人研究員研究報告会のご案内 of 20110908

.

CALE外国人研究員
台湾・劉宗徳先生による研究報告会のご案内

.
.
 9月8日(木)15:30よりCALEフォーラムにてCALE外国人研究員の劉宗徳先生(国立政治大学教授)による研究報告会を開催いたします。
 ご関心のある方は是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

日時
9月8日(木)15:30~17:00
場所
CALEフォーラム
報告者
劉 宗徳(リュウ・ソウトク)CALE外国人研究員
(期間:2011.6.23~2011.9.16)
国立政治大学  教授
題目
“公私協働論に関する一考察”
概要
 現在各国において様々に議論されている「公私協働」という現象・概念について、本報告は、主に日本語・中国語文献に依拠し、それと密接に関連すると思われる「私化」・「行政権限の委任」・「業務委託」などの概念やそれらと公私協働との関係などを視野に入れつつ、日本・台湾・中国といった各国において公私協働とされている実際のケースはどのようなものかを紹介し、最後にその統制枠組みを考察するものである。 特に、従来より長く用いられてきた私化の概念と公私協働の概念がいかなる関係にあるのかは、両者ともにかなり開かれた概念であるために比較するのが難しい。その中でも、機能的私化に分類されるところの行政権限の委任及び業務委託という主要な分類基準と、公私協働における事業の側面と決定の側面という区切り方の間で、両者の中核の部分は相当に重なり合うと思われるものの、現在の複雑な公私協働の諸現象の中では、前者のやはり伝統的な分類基準によってはうまく対処しきれないところが生じてくるものと考えられる。まずはこの部分に焦点を当てることで、公私協働という考察方法の新たな理論的意義が明らかになってくると思われる。そこで、本報告では、簡単ではあるがこれらの概念の相違点にできる限り焦点を当てた。
言語
日本語


(連絡先)
名古屋大学法政国際教育協力研究センター
TEL:052-789-2325 FAX:052-789-4902
cale-jimu@law.nagoya-u.ac.jp