2011年5月31日ワークショップ of 20110531

logo_cale.gif
名古屋大学 法政国際協力センター

hed3.jpg

日時:5月31日(火)13:00-17:00

場所:名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE)2階 CALEフォーラム

主催:名古屋大学大学院法学研究科

名古屋大学法政国際教育協力研究センター(CALE) ワシントン大学アジア法センター

開催趣旨:
 日本は、2001年12月のボン合意以降、和平プロセス支援、IMG_0001 cropped.JPG治安支援、復旧・復興支援を柱として、アフガニスタン復興支援において中心的役割を果たしてきた。日本政府は、対アフガニスタン支援強化の一環として、2009年から向こう5年間で最大50億ドルの支援を行うと表明しており、今後法律分野を含めた人材育成に取り組む予定である。
 ワシントン大学アジア法センターは、2004年よりアフガニスタンの法学教育プロジェクトを行っており、これまでに法曹実務家や法学教員を対象に、法学教育の機会を提供してきた。今回は、その最前線で活躍されている方々をワシントン大学よりお呼びし、日本のウズベキスタン法整備支援と比較しながら、アメリカの経験と教訓を学ぶ機会として本ワークショップを開催する。

プログラム:

12:45-
受付開始
13:00-13:05
開会挨拶: 市橋克哉(名古屋大学法政国際教育協力研究センター長)
13:05-13:15
来賓挨拶: 山下輝年(法務省法務総合研究所国際協力部長
■■■■■佐藤直史(独立行政法人 国際協力機構(JICA)・国際協力専門員、弁護士)
13:15-14:00
“Rule of Law Promotion in Afghanistan: A Decade Later”
Veronica Taylor(オーストラリア国立大学教授)
14:00-14:45
“The Challenges of Pluralism: Educating Lawyers for the ‘New Afghanistan’”
Jon Eddy(ワシントン大学アジア法センター長/教授)
15:00-15:30
質疑応答
15:30-16:15
“Legal Technical Assistance in Post-Soviet Central Asia: ‘Transformation into a Market-oriented Economy’ and ‘Transition to Democracy’?”
桑原 尚子(高知短期大学教授)
16:10-17:00
全体討論


使用言語:英語
TCPDC_2010.jpg

お申込み:

参加申し込書をダウンロードいただき、メールまたはFAXにてお申し込みください。
参加申込書 LinkIconWordファイルLinkIconPDFファイル